読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地理本ジャーナル

地理、鉄道、道路、地形、山、たまに政治経済。の周辺をとにかく紹介していくブログです。

【鉄道】攻める大阪。南海、JRに引き続き阪急が「なにわ筋線」乗り入れへ

大阪 未成線 民鉄 鉄道 関西 行政

www.yomiuri.co.jp

こんにちは。じょんじです。

まさに、大阪縦断新線。なにわ筋線に阪急も加わるとの報道がありました。

ご存知の方も多いと思いますが、阪急と、南海・JRはレールの幅が違います。阪急は広くて、南海・JRは狭いのです。そこで阪急がわざわざうめきた新駅から十三まで線路を新設。十三で既存路線である阪急神戸線阪急京都線と接続する。ゆくゆくは狭軌の新線を新大阪まで延伸させる計画をもあるとの報道です。

阪急沿線の人も一気に関空まで行けるようになりますね。そしてミナミエリアへのアクセスも楽になるでしょう。今までは梅田で御堂筋線への乗り換えが必要でした。南海も悲願の梅田乗り入れ。キタとミナミの心理的距離がぐっと縮まったのではないでしょうか。

大阪はここにきて、都市としての一体感が出てきていますね。大阪都構想は鉄道行政のような大都市行政と市民の暮らしの質を向上させる草の根の行政をわけるための試みだったのですよね。今回の大胆な構想を、橋下前大阪市長は維新市政・府政の成果だと強調しています。

もう一つの「極」がある、バランスの取れた日本を目指すべき。地域に根付いたエンターテインメントを背景にしたカジノ産業、今回のような都市全体のネットワーク増強や空港のハブ化によって人が集まる交通結節点都市化、強い学生スポーツを生む土壌をベースとしたスポーツ都市化などを通じて「楽しめる都市」、「楽しいまち」にどんどん変貌してほしい。いけー、がんば大阪。