地理本ジャーナル

地理、鉄道、道路、地形、山、たまに政治経済。の周辺をとにかく紹介していくブログです。

【書評の書評】頑張れナカジマ!とおじさんが応援したくなる感情移入の本【フィリピン嬢の社会学】の書評 『フィリピンパブ嬢はどう暮らしているのか 学問を踏み越えて、愛する人とともに』(首藤 淳哉・東洋経済)

以前に書いたこちらのエントリーのPVが少し上がったので、なぜだろうと考えていました。 jonjis.hateblo.jp どうやら、この東洋経済の書評記事が出たからかも知れません。 toyokeizai.net こちらの記事は、本文からの引用もかなりあり、本書の概要を知るには…

【道路】開通間近の首都高横浜北線で大規模な防災訓練!

開通前の高速道路で大規模防災訓練! トンネル内にこだまする救助隊の声 | 経営・ビジネス | マイナビニュース 横浜北線の防災訓練が、かなり大規模に行われたようです。一度開通すれば、訓練はできないため、完成前の高速道路は貴重な訓練の場というこのな…

【不動産】揺れるのに値上がり中。『危険エリアに128万人 独自指標で分かった「危ないのに人気の街 東京編」』(AERA)

dot.asahi.com AERAの今週号、しっかり調べてあり、かなり興味深いものになっています。 値上がりしているけれど、実は危ない都内のエリアを町丁レベルでランクづけ。東京都が長年調査してきた、「地震で建物が倒れる危険性」、「火事が燃え広がる危険性」を…

【書評】全国未成線本の決定版!『全国未成線ガイド 知られざる鉄道路線』(草町義和 監修)

全国未成線ガイド 作者: 草町義和 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2016/02/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 全国を対象とした未成線ガイドの決定版といえる本書です。 成田新幹線を皮切りにまずカラーで目玉路線を紹介、2番目に2…

【書評】可愛い写真とおしゃれな店選び。関西発!東京バス「ガイド」『東京をバスで散歩』(えるまがMOOKミーツ・リージョナル別冊・京阪神エルマガジン社)

東京をバスで散歩 (えるまがMOOK ミーツ・リージョナル別冊) 作者: 京阪神エルマガジン社 出版社/メーカー: 京阪神エルマガジン社 発売日: 2016/11/04 メディア: ムック この商品を含むブログ (1件) を見る 11月発売の本書、まだまだ売れているようです。都…

【書評】古の文書に塗れたくなる公文書特集。『東京人2017年4月号 探検!国立公文書館 資料の海を渡る歓び』

東京人 2017年 04 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 都市出版 発売日: 2017/03/03 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 古いインクのにおい、バサバサの紙、壊れそうな背表紙。過去の空気にすっと吸い込まれる「古い文書」の世界はいいものですよね。 今…

【書評】ジャケ買いをちょっと後悔、電車本というより根拠の弱い自己啓発本『電車でお得に日常を離れる週末「テツたび」ライフ』(鈴木翔)

電車でお得に日常を離れる 週末「テツたび」ライフ 作者: 鈴木翔 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2016/12/16 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 著者には大変申し訳ないのですが、見た目で買ってしまったことを少し後悔してい…

【書評】経済学って構えないで。政策立案への応用に期待。やさしい因果推論入門『「原因と結果」の経済学』(中室牧子 津川友介)

「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法 作者: 中室牧子,津川友介 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2017/02/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る 2度目のベストセラーなるか 最近、書店のビジ…

【鉄道】台湾・桃園空港から台北中心部までの鉄道開通!充実グルメ本『激ウマ! 食べ台湾 ひとり旅でも大満足、食べまくりローカルフード65軒』も紹介。

mainichi.jp 路線図⇩ 台北捷運(MRT)公司モバイルサイト 20年がかりの完成です。台北最大の空港である桃園空港からMRT(地下鉄)で直接、台北市街に行けるようになりました!今まではバスかタクシーで行くしかなかったのですが、これで不安なく都心部まで行…

【書評】新書というより教義書のような悟りの本 『仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える』(泉谷閑示)

仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える (幻冬舎新書) 作者: 泉谷閑示 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/01/28 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 「本当の自分」というものは、どこか外に待ち受けているものではなく、自分の内部…

【書評】皮肉とファクトと怒りの融合。『損する結婚 儲かる離婚』(藤沢数希)

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書) 作者: 藤沢数希 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/02/24 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 半分ノウハウ、半分評論 21時か22時に始まる新しい連続ドラマのようなタイトルです。昨今話題の離婚、不倫ニ…

【書評】新書で味わえる隣の文化人類学『フィリピンパブ嬢の社会学』(中島弘象)

フィリピンパブ嬢の社会学 (新潮新書) 作者: 中島弘象 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/02/16 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 題名に偽りあり!社会学じゃない、渾身のルポである 社会学そのものも定義は曖昧ですが、間違っても「社会科学…

【鉄道】京都市交通局の若手が頑張っている話

karasuma.keizai.biz 京都市役所は、最近色々頑張ってます。入洛者の数も年々うなぎのぼり。市役所の活動もそんな流れもあってか、外向けの活動が随分とソフトになっている感じです。 www.travelvoice.jp 以前の交通局は相当硬いイメージでしたが、すっかり…

東京マラソン!

無事完走!新コースは最後の10キロ。有楽町→高輪折り返し→東京駅。特に最後の1キロらすばらしい雰囲気でした。 www3.nhk.or.jp ただ、荷物置き場の日比谷公園までが遠かったです。。。ほとんど霞ヶ関という公園の西端まで歩きました。ゴールの素晴らしさを考…

【医療】地域医療機関のホールディングス会社?地域医療連携推進法人が4月より設立可能に

www.medwatch.jp 日本は、医師が自由に診療所を原則自由に開設できる制度を取っています。その分折角投資した医療設備や、腕のいい医師が十分に知られなかったりのケースがあるのではないでしょうか。 こうしたロスを生まないように、地域の様々な非営利団体…

【東京】いよいよ11周年の東京マラソンが明後日に。

youtu.be 新コースに生まれ変わった東京マラソンが、いよいよ明後日2月27日に開催されます。ざっくりしたコースの違いはこんな感じです。 従来のコースは、「東京都庁~飯田橋~皇居前~日比谷~品川~銀座~日本橋~浅草雷門~築地~豊洲~東京ビッグサ…

【ホテル・旅館】いよいよ民鉄大手が民泊に参入!『京王電鉄 鉄道会社初の民泊事業参入』(ワールドビジネスサテライト)

www.tv-tokyo.co.jp いよいよ大手民鉄が民泊参入してきました。京王グループは、京王プラザホテル、京王プレッソインの2つのラインで古くからホテルビジネスを展開しているので、そのノウハウとブランドを転用していくのでしょう。 これを皮切りに民鉄各社…

【書評】サクっと3時間、もう一周読んで4.5時間で深まる『入門 東南アジア近現代史』

入門 東南アジア近現代史 (講談社現代新書) 作者: 岩崎育夫 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/01/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る ざっくり500年を300ページに閉じ込めた 「多様性の中の統一」が本書のキーワード。言語も違う、宗…

【鉄道】日本一安い北大阪急行の初乗り運賃が値上げ。

headlines.yahoo.co.jp 確かに安い。初乗り運賃が90円から10円値上げして100円になります。もともと安いですから、やはり安いですね。 北大阪急行は、万博開催時に多額の運賃収入を得た上で、万博のために臨時敷設した路線をズバッと切り捨てたことが功を奏…

【痕跡】下河原線跡に行ってきた 多摩川の砂利から競馬場から東芝まで

念願の初訪問 先月の武蔵野競技場線に続く、中央線系廃線を訪問しました。超がつくほど有名な廃線跡。初訪問です。 jonjis.hateblo.jp 東芝ナイズなまち北府中 東芝府中事業所のある北府中で下車し廃線跡へ向かいます。 ご厚意により東芝様から土地を借りて…

【書評】100年生きる覚悟を迫られる 『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』

LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 作者: リンダグラットン,アンドリュースコット,池村千秋 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2016/10/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (10件) を見る メッセージはとてもシンプル 400ページ近い大著ですが、言っ…

【遺構】なんだこの規模感!旧横浜競馬場の遺構へ行ってきた

ヨーロッパではありません。JR根岸線根岸駅からバスで行ける距離に、すてきな遺構が残ります。幕末の1866年開場。まるで古城のような美しき佇まい、旧横浜競馬場に行ってきました。このスケール感!すばらしい。こんな遺構、そうはない。

【鉄道】電車はやっぱり原色。『東武亀戸線"緑亀"電車が出発 - オレンジに続く8000系リバイバルカラー車両』

response.jp 関西民鉄は偉い。シルバーが嫌い。再生可能なんて関係ないです。独自の色を持っている。これもJRへの明確な対抗意識とみていいでしょう。 その点、関東民鉄はシルバーが増殖中。西武、小田急、東急、京成、などなど。 東武亀戸線は、そんな中で…

【書評】愛すべき「日本語」マニアが熱めに語る対談録。『書く力 私たちはこうして文章を磨いた』(池上彰・竹内政明)

書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書) 作者: 池上彰,竹内政明 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2017/01/13 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 渋谷が築地で大手町に恋をした? 竹内さんの表現は読売臭がする。オシャレだけどほん…

【書評】笑える知財本。『楽しく学べる「知財」入門』(稲穂健市)

楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書) 作者: 稲穂健市 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/02/24 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ところどころニヤニヤしてしまう、知的財産に関する新書です。面白い。 構成から読者目線 大概の知…

【鉄道】「びわ湖浜大津」など、京阪電車滋賀県の4駅をわかりやすく改称!

trafficnews.jp 京阪電車は4駅の名称を変えると発表。どれも観光に一役買いそうな名前ばかりです。 最近行ったのはもう5,6年前になりますが、浜大津はなんだか好きですね。駅周辺はなかなかな風光明媚なところです。関東にはあまりない、都市と湖と山の見事…

【街】都心住まいが現実味を帯びてきたから?『山手線が「住みたい沿線」で首位になった理由 10年で坪単価倍増の駅が出現、下町も人気』

toyokeizai.net 雑誌スーモ(リクルート)によると、もっとも住みたい沿線ランキングで山手線が選出されました。 まー、そりゃ山手線がいいですね。おそらく世界中でも指折りの自由で面白いまち、東京。山手線の内側だけで、世界中の料理が食べられます。 今…

【鉄道】松本伊代さん、早見優さんが鉄道営業法違反容疑で書類送検。ところで鉄道営業法の何条違反?書類送検て何?

ちょっと見せしめ要素も否めない書類送検・・ www.sankei.com 松本伊代さんと早見優さんが、鉄道営業法違反容疑で書類送検されました。一部の撮り鉄くんたちへの「見せしめ」みたいなところがあるようで、少しかわいそうなところもありますが、過去には轢か…

【書評】日本列島の成り立ちがわかる心地よい軽さと骨太感をあわせ持つブルーバックスらしい一冊『日本列島100万年史大地に刻まれた壮大な物語』(山崎晴雄,久保純子)

日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語 (ブルーバックス) 作者: 山崎晴雄,久保純子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/01/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 美しい装丁、それだけで所有欲は満たされるが、中身はやっぱり簡単…

【街】大泉学園が7位という不自然笑 『賃貸で住みたい街ランキング』

www.huffingtonpost.jp もともとポテンシャルの高い赤羽が急上昇。どう考えても利便性が高い。新宿まで15分、東京まで24分ですから、今まで人気がなかったのが不思議なくらいです。メディアの露出も相当あったみたい。北区も結構なキャンペーンを打った…