読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地理本ジャーナル

地理、鉄道、道路、地形、山、たまに政治経済。の周辺をとにかく紹介していくブログです。

【地下鉄】横浜市営地下鉄ブルーラインの延伸の続報が掲載されていました。判断は2018年末までに。

www.townnews.co.jp 以前このブログでご紹介したブルーラインの「新百合ヶ丘延伸計画」の続報が記事になっていました。林横浜市長が市会で判断時期を明らかにしたようです。 jonjis.hateblo.jp 過去に何度も俎上に上がりがなら、実現しなかったことを踏まえ…

【鉄道】攻める大阪。南海、JRに引き続き阪急が「なにわ筋線」乗り入れへ

www.yomiuri.co.jp こんにちは。じょんじです。 まさに、大阪縦断新線。なにわ筋線に阪急も加わるとの報道がありました。 ご存知の方も多いと思いますが、阪急と、南海・JRはレールの幅が違います。阪急は広くて、南海・JRは狭いのです。そこで阪急がわざわ…

【書評】ほぼ公開情報だけでここまで書けるのか『ドケチな広島、クレバーな日ハム、どこまでも特殊な巨人 球団経営がわかればプロ野球がわかる』(伊藤歩)

ドケチな広島、クレバーな日ハム、どこまでも特殊な巨人 球団経営がわかればプロ野球がわかる (星海社新書) 作者: 伊藤歩 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/02/25 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る お見事な骨太感 公開情報を丹念によ…

【不動産】揺れるのに値上がり中。『危険エリアに128万人 独自指標で分かった「危ないのに人気の街 東京編」』(AERA)

dot.asahi.com AERAの今週号、しっかり調べてあり、かなり興味深いものになっています。 値上がりしているけれど、実は危ない都内のエリアを町丁レベルでランクづけ。東京都が長年調査してきた、「地震で建物が倒れる危険性」、「火事が燃え広がる危険性」を…

【書評】古の文書に塗れたくなる公文書特集。『東京人2017年4月号 探検!国立公文書館 資料の海を渡る歓び』

東京人 2017年 04 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 都市出版 発売日: 2017/03/03 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 古いインクのにおい、バサバサの紙、壊れそうな背表紙。過去の空気にすっと吸い込まれる「古い文書」の世界はいいものですよね。 今…

【書評】経済学って構えないで。政策立案への応用に期待。やさしい因果推論入門『「原因と結果」の経済学』(中室牧子 津川友介)

「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法 作者: 中室牧子,津川友介 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2017/02/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る 2度目のベストセラーなるか 最近、書店のビジ…

【歴史】気鋭の歴史家と元都知事作家の対談を生観戦してきた『磯田道史と語る江戸のイノベーション~「直虎」以降、改革者の系譜~ 猪瀬直樹×磯田道史』

live.nicovideo.jp お互い被せ合う熱い対談 猪瀬さんのtwitterに案内が出ていたので、応募したところ当選。渋谷の日本経済大学に行ってきました。 とても濃い2時間。磯田さんがホストの猪瀬さんにかぶせるシーンが続出。あまりに喋り続ける磯田さんに被せ返…

【鉄道】新金貨物の旅客化をLRTで実現か。葛飾区が調査費を新年度の予算に盛り込む

response.jp 先日、ランニングついでに訪れた新金貨物線に旅客化の可能性が出てきました。 jonjis.hateblo.jp まだまだ調査、という段階のようですが、葛飾区の南北を移動できる貴重な路線として活用されるとよいですね。LRTなら導入コストも高くないですし…

【ホテル・旅館】京都駅南口にでっかくオープン!JR西日本がホテル二棟建設へ

www.sankei.com 15年前(平成13年頃)と比べると、年間宿泊者数がおよそ40%増加の約1400万人(400万人増!)。訪日外国人宿泊者に至っては700%!増加の316万人(270万人増!!)。ざっくり1万泊/日分増。すっかり違う街。 南口開発がホテル中心に進むのはい…

【書評】巨大開発、オリパラだけではない、投資サイドに参加する新しい建築家の座談会も。『東京大改造マップ2017−2020』(日経BPムック)

東京大改造マップ2017-2020 (日経BPムック) 作者: 日経アーキテクチュア 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2017/01/30 メディア: ムック この商品を含むブログを見る 日経アーキテクチュアなど日経建築・不動産系雑誌の記事をリライトして整理されたムック…

【書評】「事実」と「物語」、「論理」と「歴史」を操る稀有な都知事を失った代償の大きさを実感する『東京の敵』(猪瀬直樹)

東京の敵 (角川新書) 作者: 猪瀬直樹 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/01/20 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 「都議会のドン」本拠地決戦、雌雄を決する注目の書 知事と自民党都連の代理戦争、千代田区長選(2月5日投開票)を…