読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地理本ジャーナル

地理、鉄道、道路、地形、山、たまに政治経済。の周辺をとにかく紹介していくブログです。

【書評】エクセルでも充分できる統計ワザを漫画で『PRESIDENT NEXT(プレジデントネクスト)Vol.22「1日でマスター 統計入門」』

PRESIDENT NEXT(プレジデントネクスト)Vol.22「1日でマスター 統計入門」 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2016/12/15 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る こんばんは、じょんじです。以前にコンビニで見かけて、つい最近、三省堂の池袋店…

【書評】車両、歴史、駅の説明、延伸などバランスよくつまっている『完全保存版 都営地下鉄のすべて』

完全保存版 都営地下鉄のすべて 作者: エルフ 出版社/メーカー: マイナビ出版 発売日: 2017/03/24 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 書店でばったり対面して、パラパラ読んで即買いました。 ほぼオールカラー。地味な都営地下鉄…

【書評】サンタツの最新号、役に立たない愛おしいさ。東京に生まれて良かった♪( ´θ`)ノ『散歩の達人2017年4月号東京ディープ案内』

散歩の達人 2017年 04 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 交通新聞社 発売日: 2017/03/21 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る こんばんは、じょんじです。 久々にサンタツ(散歩の達人)を買いました。通常号の「エリア別」、にはなかなか触手が伸びなか…

【書評】知財戦略とは「見せない」ことを決めること? 『レシピ公開「伊右衛門」と絶対秘密「コカ・コーラ」、どっちが賢い?―特許・知財の最新常識』(新井信昭)

レシピ公開「伊右衛門」と絶対秘密「コカ・コーラ」、どっちが賢い?:特許・知財の最新常識 作者: 新井信昭 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2016/12/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る こんばんは。じょんじです。今…

【書評】ほぼ公開情報だけでここまで書けるのか『ドケチな広島、クレバーな日ハム、どこまでも特殊な巨人 球団経営がわかればプロ野球がわかる』(伊藤歩)

ドケチな広島、クレバーな日ハム、どこまでも特殊な巨人 球団経営がわかればプロ野球がわかる (星海社新書) 作者: 伊藤歩 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/02/25 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る お見事な骨太感 公開情報を丹念によ…

【書評の書評】頑張れナカジマ!とおじさんが応援したくなる感情移入の本【フィリピン嬢の社会学】の書評 『フィリピンパブ嬢はどう暮らしているのか 学問を踏み越えて、愛する人とともに』(首藤 淳哉・東洋経済)

以前に書いたこちらのエントリーのPVが少し上がったので、なぜだろうと考えていました。 jonjis.hateblo.jp どうやら、この東洋経済の書評記事が出たからかも知れません。 toyokeizai.net こちらの記事は、本文からの引用もかなりあり、本書の概要を知るには…

【書評】全国未成線本の決定版!『全国未成線ガイド 知られざる鉄道路線』(草町義和 監修)

全国未成線ガイド 作者: 草町義和 出版社/メーカー: 宝島社 発売日: 2016/02/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 全国を対象とした未成線ガイドの決定版といえる本書です。 成田新幹線を皮切りにまずカラーで目玉路線を紹介、2番目に2…

【書評】古の文書に塗れたくなる公文書特集。『東京人2017年4月号 探検!国立公文書館 資料の海を渡る歓び』

東京人 2017年 04 月号 [雑誌] 出版社/メーカー: 都市出版 発売日: 2017/03/03 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る 古いインクのにおい、バサバサの紙、壊れそうな背表紙。過去の空気にすっと吸い込まれる「古い文書」の世界はいいものですよね。 今…

【書評】経済学って構えないで。政策立案への応用に期待。やさしい因果推論入門『「原因と結果」の経済学』(中室牧子 津川友介)

「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法 作者: 中室牧子,津川友介 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2017/02/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (3件) を見る 2度目のベストセラーなるか 最近、書店のビジ…

【書評】新書というより教義書のような悟りの本 『仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える』(泉谷閑示)

仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える (幻冬舎新書) 作者: 泉谷閑示 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2017/01/28 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 「本当の自分」というものは、どこか外に待ち受けているものではなく、自分の内部…

【書評】皮肉とファクトと怒りの融合。『損する結婚 儲かる離婚』(藤沢数希)

損する結婚 儲かる離婚(新潮新書) 作者: 藤沢数希 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2017/02/24 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 半分ノウハウ、半分評論 21時か22時に始まる新しい連続ドラマのようなタイトルです。昨今話題の離婚、不倫ニ…

【書評】サクっと3時間、もう一周読んで4.5時間で深まる『入門 東南アジア近現代史』

入門 東南アジア近現代史 (講談社現代新書) 作者: 岩崎育夫 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/01/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (2件) を見る ざっくり500年を300ページに閉じ込めた 「多様性の中の統一」が本書のキーワード。言語も違う、宗…

【書評】100年生きる覚悟を迫られる 『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』

LIFE SHIFT(ライフ・シフト) 作者: リンダグラットン,アンドリュースコット,池村千秋 出版社/メーカー: 東洋経済新報社 発売日: 2016/10/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (10件) を見る メッセージはとてもシンプル 400ページ近い大著ですが、言っ…

【書評】愛すべき「日本語」マニアが熱めに語る対談録。『書く力 私たちはこうして文章を磨いた』(池上彰・竹内政明)

書く力 私たちはこうして文章を磨いた (朝日新書) 作者: 池上彰,竹内政明 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2017/01/13 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 渋谷が築地で大手町に恋をした? 竹内さんの表現は読売臭がする。オシャレだけどほん…

【書評】笑える知財本。『楽しく学べる「知財」入門』(稲穂健市)

楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書) 作者: 稲穂健市 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/02/24 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る ところどころニヤニヤしてしまう、知的財産に関する新書です。面白い。 構成から読者目線 大概の知…

【書評】日本列島の成り立ちがわかる心地よい軽さと骨太感をあわせ持つブルーバックスらしい一冊『日本列島100万年史大地に刻まれた壮大な物語』(山崎晴雄,久保純子)

日本列島100万年史 大地に刻まれた壮大な物語 (ブルーバックス) 作者: 山崎晴雄,久保純子 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2017/01/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 美しい装丁、それだけで所有欲は満たされるが、中身はやっぱり簡単…

【書評】会計士の不動産指南 未来の不動産取引を予言する『不動産屋にだまされるな』

不動産屋にだまされるな - 「家あまり」時代の売買戦略 (中公新書ラクレ) 作者: 山田寛英 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2017/01/06 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る 出だしから中盤はそんなに目新しくない 手数料が高い、不動産屋(宅…

【書評】不動産投資はビジネス(事業)だ!名前と装丁がぐっとくる売れてる不動産投資本。『首都圏で資産を築く! 王道の不動産投資』

首都圏で資産を築く! 王道の不動産投資 作者: 村上俊介 出版社/メーカー: 総合法令出版 発売日: 2016/11/23 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 首都圏という単語と、表紙の地図デザインと、Amazon評価の高さに惹かれて購入しまし…

【書評】巨大開発、オリパラだけではない、投資サイドに参加する新しい建築家の座談会も。『東京大改造マップ2017−2020』(日経BPムック)

東京大改造マップ2017-2020 (日経BPムック) 作者: 日経アーキテクチュア 出版社/メーカー: 日経BP社 発売日: 2017/01/30 メディア: ムック この商品を含むブログを見る 日経アーキテクチュアなど日経建築・不動産系雑誌の記事をリライトして整理されたムック…

【書評】「事実」と「物語」、「論理」と「歴史」を操る稀有な都知事を失った代償の大きさを実感する『東京の敵』(猪瀬直樹)

東京の敵 (角川新書) 作者: 猪瀬直樹 出版社/メーカー: KADOKAWA 発売日: 2017/01/20 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る 「都議会のドン」本拠地決戦、雌雄を決する注目の書 知事と自民党都連の代理戦争、千代田区長選(2月5日投開票)を…

【書評】新書なのに重い、濃い、地下鉄よりも大深度地下よりも深い愛しか感じない『地図と愉しむ東京歴史散歩 地下の秘密篇』

実際カラー版だという理由もあるでしょう。しかし、なんというか、よくもまーここまで綺麗に詳細にまとめられたなというのが率直な感想です。 竹内さん、執筆にどんだけ時間かけたんでしょう。940円は安い。 カラーということもあり、全体的に美しくリアリテ…

【書評】『地図マニア 空想の旅』地図の神様が描く、イメージトリップの世界。

www.sankei.com いい時代になりました。全国紙の書評欄で、今尾先生の本が紹介されるなんて。 地図イベントのトイレ(小)で、偶然隣りあいましたが、最初は全く気付きませんでした。地形図のような色合いとでもいうか、自然な雰囲気のかたですよね。尊敬を…

【書評】『会議でスマートに見せる100の方法』(早川書房)本当に使えるのは10個ほどだった件(笑)

電車内にもかかわらず久々に、同僚と声を出して笑いました。オフィス、会議あるあるの宝庫。皮肉がめいいっぱい詰め込まれた面白い本です。 会議でスマートに見せる100の方法 作者: サラクーパー,Sarah Cooper,ビジネスあるある研究会 出版社/メーカー: 早川…

【書評】”佐藤優”という一種の”ビタミンサプリ”

お節とお屠蘇と佐藤優 とてつもないペースで作品を発表し、なぜか年末年始になると、異様なほどに読みたくなるのが、佐藤優さんの作品です。 大国の掟―「歴史×地理」で解きほぐす (NHK出版新書 502) 作者: 佐藤優 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2016/11/…